四季の旨しもの、料(はか)り理(おさ)めて

日本料理 季京

「季京」のこだわり

平素はひとかたならぬお引き立てを賜り誠にありがたく感謝いたします。
さて、このたび「日本料理 季京」をオープンする運びと相成りました。

1500坪の日本庭園には、四季を彩る花や樹木、滝の音色、水面を渡る風…
くつろぎへと導く前室『四季庭』は心落ち着く空間が、そして、伝統を感じさせる本暖簾をくぐれば そこは日本料理『季京』がございます。
京の小道に季節を感じる坪庭から、佇むお部屋は【花】【鳥】【風】【月】の4部屋。
琉球畳の和室では、2名~8名様でおくつろぎ頂ける掘りごたつ、テーブルの空間をそれぞれご用意しており、
【花鳥】【風月】の2部屋としても広くご利用頂けます。
花を大切に、鳥の声に耳を傾け、自然の景色を楽しむ心
日本料理『季京』は四季を楽しんでいただける空間とお料理で心を込めておもてなしいたします。
「集い、食し、微笑みの一期一会」を是非ご堪能ください。

1500坪の日本庭園に面した贅沢な空間で、和のおもてなし
2名様~20名様まで個室をご用意しております。

1500坪の日本庭園に面した
贅沢な空間で、和のおもてなし
2名様~20名様まで個室を
ご用意しております。

お料理

CUISINE

お料理

四季の旨しもの、料(はか)り理(おさ)めて

春夏秋冬それぞれに、季節を感じる魚、肉、野菜・・・ 旬を饗宴した料理の数々。心をこめて一品一品 創り上げております。 きっと心に残る「美味」は、皆様の良き日の最高のおもてなしでございます。

手間を惜しまず丁寧に仕上げた料理

吟味した素材を、手間を惜しまず丁寧に仕上げた料理は、いずれも和食の「真髄」が感じられるものばかりです。コクと旨み、奥行きのあるその味わいは、旬の素材が秘めた力を極限まで引出します。料理長の鋭い感覚と技が生み出す四季折々の味をご満喫ください。素材を、手間を惜しまず丁寧に仕上げた料理は、いずれも和食の「真髄」が感じられるものばかりです。コクと旨み、奥行きのあるその味わいは、旬の素材が秘めた力を極限まで引出します。料理長の鋭い感覚と技が生み出す四季折々の味をご満喫ください。

素材にこだわった日本料理でご祝宴を

料理長自ら吟味して仕入れた四季折々の素材をふんだんに料理に取り入れております。地場の食材は滋味に富み、味わい豊かな逸品、ぜひご堪能頂けますように。

料理長 菅野大輔

京都老舗料亭、神戸・東京と有名ホテルを経て現在に至る。受け継がれる日本料理の味わいと、新しい感動に心躍るお料理をご提供できるよう厳選された食材と常に向き合い、日々精進してまいります。
幾多のお祝い・お慶びに、季京ならではおもてなしと四季折々の料理をご堪能ください。

素材にこだわった日本料理でご祝宴を

料理長自ら生産者や市場へと足を運び、四季折々の素材をふんだんに料理に取り入れております。地場の食材は滋味に富み、味わい豊かな逸品、ぜひご堪能頂けますように。

料理長 菅野大輔

京都老舗料亭、神戸・東京と有名ホテルを経て現在に至る。受け継がれる日本料理の味わいと、新しい感動に心躍るお料理をご提供できるよう厳選された食材と常に向き合い、日々精進してまいります。
幾多のお祝い・お慶びに、季京ならではおもてなしと四季折々の料理をご堪能ください。

プラン

お昼のお食事
ランチ4,000円~

季節の特選料理
9,000円

夜のお食事
6,000円〜

様々な記念日を「季京」が演出

七五三・入学卒業祝い・長寿祝い・各種記念日などご家族・ご親族のお祝いから、
接待・各種会合などのビジネスシーンにいたるまで、様々なお席を演出します。

女将のご挨拶

女将挨拶

柏日本閣のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。
この度、柏 日本閣内に「日本料理 季京」をオープンさせて頂くこととなりました。

日本庭園には、桜・梅・ツツジなど季節の花々が数多く咲き誇り、
池の鯉やカルガモ、緑のそよ風や夜の月といった、自然を感じる癒しのひとときをお過ごし頂けます。料理は和食の伝統を受け継ぎ、彩も華やかな四季折々の逸品をご堪能いただけます。
そして、皆様の良き日をお手伝いさせて頂けますよう、心からおもてなしを。
どうぞよろしくお願い申し上げます

女将 白土千夏

柏日本閣のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。
この度、柏 日本閣内に「日本料理 季京」をオープンさせて頂くこととなりました。

日本庭園には、桜・梅・ツツジなど季節の花々が数多く咲き誇り、
池の鯉やカルガモ、緑のそよ風や夜の月といった、自然を感じる癒しのひとときをお過ごし頂けます。料理は和食の伝統を受け継ぎ、彩も華やかな四季折々の逸品をご堪能いただけます。
そして、皆様の良き日をお手伝いさせて頂けますよう、心からおもてなしを。
どうぞよろしくお願い申し上げます

女将 白土千夏